わが子にあった幼稚園 7項目で考えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幼稚園を選ぶ基準は、
どんなことですか?
今回は子どもを
自由保育、一斉保育どちらにも
通わせた、私の経験から
まとめます


幼稚園は子どもにとって社会生活第一歩の場。
世界が大きく広がるところです。
それだけに親としてもどんな幼稚園に入れれば一番我が子のためになるのか、考えますよね。

私の経験と共にまとめます
選択する上で何か参考になれば嬉しいです


わが子にあった幼稚園 7項目で考えます


幼稚園を選ぶ上で気になる点を7つあげました

1:園の方針に賛同できるか 
2:給食の有無
3:家からの距離 徒歩かバスか
4:自由保育か一斉保育か
5:ママ友関係
6:延長保育、課外活動はあるか
7:母(保護者)の参加がどのくらいあるか


1つずつ見ていきます

1:園の方針に賛同できるか


幼稚園、小学校選びは基本的に親がするものだと私は思います
まだ幼く、知っている世界がせまい子どもに判断させることではないと思います。(仲良しのお友達がいる、園庭が広くてここが良い、と言う、キャラクターなど装飾に反応して行きたがる)

幼稚園の方針、目指すこと、園長先生の考えをしっかり聞き、共感できるか、賛同できるかがまず第一に考えるべきところです。

必ず説明会、保育見学には行き、噂だけでなく、自分の目で確かめること。
もし悩んだら、悩んでいなくてもご主人にも一度幼稚園に足を運んでもらうのも良いと思います。

いくつかの幼稚園が候補となっているならば、まずこの点で自分にとって魅力的な上位を残すべきです


2:給食の有無


これはどちらにも良し悪しあると思います
<給食あり>
・働くママには非常に助かる
・みなと同じものを食べる喜び、出されたものを食べると好き嫌い言ってられない

<給食なし:お弁当>
・親子の会話が広がる
・食べられるものが入っていることが完食につながり、自信にもつながる


3:家からの距離 徒歩かバスか


・園から近いと送迎が楽。先生とちょくちょくお話しできるので子どもの様子を聞きやすい
・方針など魅力的に感じる園が遠かったら、ここはあきらめ遠くても行かせた方が良いように思います。


4:自由保育か一斉保育か

幼稚園前のわが子の状況も合わせ、園の方針に賛同できるかなどから決めていくのが良いと思います。
自由保育と言ってもすべて自由で何もしない園はありません。

見学して雰囲気、様子で必ず理想が見えてくるはずです

また、子どもによってどちらが良いか判断がつくこともあるように思います
わが家は息子も上の子と同じ自由保育の幼稚園に行かせようと思いましたが、もともとがかなりマイペースな自由すぎる男子だったため、このままでは困ることになるのではないか、と夫と話し、他の園を見学するうちに別の幼稚園の存在を知りました。
息子は一斉保育の幼稚園に楽しく通い、自由さを保ちつつ、座っていられるようにもなりました苦笑

同じ時期に通うことになる兄弟で別の幼稚園、という選択はかなり難しいと思いますが、兄弟だから同じ幼稚園、という考えはせず、それぞれの子どもを見て選ぶのが良いと思います。


5:ママ友関係


児童館で仲良くなった子と同じ園に、などという考えは私はおすすめしません
我が子を預けたい、と思える園を探すことが優先です。

幼稚園選びは各家庭で家族単位でするべきものだと思います

決めた幼稚園はその園の教育方針に賛同した親の集まりですから、価値観は似ているはず。また必ずそこでママ友関係はできます。

この時期から夫婦で教育方針を話し合い、お互いの考えをわかりあっていると、のちのち意見の食い違いが起こりにくくなるのは間違いありません
夫婦でもお互い価値観や育ってきた環境が違いますから、教育観も違うことが出てきます。その都度しっかり話し合って、お互いが納得いく選択をしていけるとベストです。

子どもを通して仲良くなったママは、あくまでその時々の関係が多いと思います。もちろん、きっかけは子どもであっても心から話せる友人ができる可能性もありますが、ごく少数です。また心が通じ合う仲であれば別の園に通っても関係は続くはずです。


6:延長保育、課外活動はあるか

これも考え方がいろいろだと思います。
私は延長保育をしている幼稚園がありがたかったです
普段は利用しなくても、たまに利用できるだけでも心の安心感につながりました

また一斉保育の幼稚園で延長保育に参加すると、自由に遊べ、開放感があるようでそれはそれで楽しむ、といったメリハリができます。

習い事は内容によりますが、幼稚園の延長で送迎なしで行けるのはとても魅力的です。延長保育をしてもらいながらスキルも身につけられる、ということになります
お稽古の内容や先生など情報をしっかり調べて判断すると良いと思います


7:母(保護者)の参加がどれくらいあるか

ここはママにとって非常に気になるところです
私が両方経験して、思うことは、それぞれの価値観でその時その時に自分の思うように進んでいくのが一番自然な形につながるのではないか、ということです。

正直、働く女性が多くなった今、小学校を含め、PTA活動というものの重要性は問われています。

ただ、子どもが全力でエネルギーを注いでいる大好きな幼稚園だから、自分もこの3年間は一緒に幼稚園にエネルギーを注いで協力しよう、と心から思ってしまえばすべてが楽しくプラスになります。

そして保護者が協力する機会が多い園の方が親にとっても濃い3年間になります

もしお仕事が忙しくて、協力できないのであればそこは割り切って良いと思いますし、個人個人の考えで選択して良いと思います

保護者参加は多いけれど、可能な方にお願いします、くらいのスタンスの園が理想です(これではどなたも手をあげなくなってしまいそうですが)

私の場合、
保護者参加が一切ない幼稚園はすべてお任せでした
参加型幼稚園は、参加できることは全力で参加しました。
どちらもありだな、というのが感想です。



決めたらゆれない

ここが大事です。
どこに行っても、必ず不満や疑問は出てくるものです。
でも
自分自身が子どものために決めたこと
それを忘れないこと。
親がゆれては子どもがかわいそうです

疑問はできるだけ解決できるように行動し、前に進むのが理想です。
子どもが楽しく過ごせていること
それが一番大切です

決して噂や憶測で判断せず、決めたら園を信じて楽しい3年間を過ごしてください!



<提案>

これは私の個人的な気持ちです
可能であれば、ぜひ通うのが可能な園はすべて見学してください
うわさや、ホームページからは伝わらないことがあるかもしれません

とくに一斉保育の園にはそれぞれ独自の考え、方針があります
たった1日の見学で、子どもの大切な3年間が大きく変わる可能性もあります



まとめ<全てが社会に出るための勉強>

「幼稚園を選ぶ基準」をいろいろな面から考えてきました。

結論から言うと、
園の方針に賛同できるか
ここさえクリアできていれば、どの幼稚園を選んだとしても、大きな問題は起きないと思います。
子どもはそこを一番最高の場所、と信じて楽しく通うはずです。
可能な限り、たくさんの園の見学をおすすめします

決めてしまえば、子どもがその園で楽しめるよう応援する。
そして前向きな親の姿勢を見せること。

また、社会に出たら理不尽なことにいろいろ出会います。
幼稚園はそれを一人で乗り越えていくための力をつけるために日々いろいろな経験をして積み上げていくところです。

何でもかんでも親が出ていかず、子どもを信じ、見守る姿勢も必要だと思います

親子関係を築くのに大事な今の時期を楽しく過ごしていただきたいです


何か参考になることがありましたら嬉しいです


関連記事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*