本当の健康って何だろう?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日のVanillaさんと長谷川さんの
インスタライブはとてもとても
奥が深いものでした。
大切なことを残しておきます。


本当の健康って何だろう?


誰もが

健康でありたい。

そう願っているはずです。

情報があふれる中、何が正しいのかはっきりしない。

信じていたことを続けていても、何となく

元気になれない。

そういうことが多くあります。

身をもって経験し、体のメカニズムを知り尽くしている

Vanillaさんの言葉は説得力があります。




元気になるには

「エネルギーを体でたくさん作ること」

これに尽きます。

エネルギーとは、私たちの体を動かすためのガソリンのようなもの。

このガソリンは細胞で作られています。

今の人たちの細胞は効率よくガソリンをつくる状態になっていない。

これが問題。

体には細胞を作るためのミトコンドリアという工場がたくさんあるが、

ミトコンドリアが動けば動くほど熱を発して温かくなる。(放熱)

たくさんエネルギーを作る人は勝手に温かい。

わざわざ温めよう、という考えを持たなくていい。

結果、エネルギーが多い。体が温かい。

生理も軽い。

こういう循環になる。


エネルギー量を増やすために

細胞を元気にすることが一番大事!


細胞を元気にするにはどうしたらいい?


・質の良い睡眠をとる

・筋肉をつける

・ストレスをためない

これが基本条件。


この条件をクリアできたら。

じゃあ、材料を入れましょう!になる。

その材料は何か?というと

質の良い糖

なのです。




油がいい、

という発想は取り払うべき。


他のエネルギーを消耗しなくていい一番シンプルな形の

糖をとることが近道になる。

油もエネルギーの元になりますが、

大体の油が長いチェーンになっていて、即エネルギーに

なるものはそう多くない。

使われる前に酸化してしまうこともある。


という訳で細胞にダイレクトにエネルギーとして使える

ものが単糖。

単糖の中でもそれ以上小さくしなくて良い

ブドウ糖、フルクトースというこの2つがセットに入っていると

とてもいい。

まずはこれをとることが近道になります。


この質の良い糖をとりながら

・正しいエクササイズをしたり

・正しい深呼吸をすることが

血流が良い状態、環境、「場」となり、

正常で健康な体に近づく近道となります。





単糖とフルクトースがセットになっているものが

はちみつ

果物

ということになるため、これらをとることを

Vanillaさんはおすすめしています。


白砂糖は×。

手っ取り早いのは

はちみつと果糖。これで

多少悪いものを食べても、排泄できる体にしておく。


植物油が良いとされていた時代もあった。

オメガ3、オメガ6が良いと言われたこともあった。

大昔は加工油はなかった。

油は使わず、焼く、煮る、蒸すで生活していた。

油をきる。

糖をとる。

これが大事。

オメガ3は体にゴミを作る。

白砂糖よりたちが悪い。

オメガ3は炎症を抑える、と言われているが

どういうしくみで抑えているのかを知ることが大事。

すべての動きをストップさせてしまう。

大きなエネルギーをつくる甲状腺というモーターの

動きを止めてしまう。

これによりすべての動きが止まり、炎症を起こすという

エネルギーも止めてしまうことになる。

炎症は起きない、冷んやりする

こういう人はエネルギー量がどんどん減っている。

体の中で炎症を起こすということは必要な作業。

炎症を起こすということはいらないものを外に出す作業。

全体的に省エネな体になっていく。

理想と逆の体になってしまう。

体は5年で全てが入れ替わる。

この間に、何を食べてきたか、体は何でできているかが

とても大事。

ストレスは持たない方が良い。これにも意味があり

エネルギーを作るための「場」をつくるのにストレスは

邪魔をする。

油の摂取に気をつけて、シミができるメカニズムを知っていれば

日焼け止めを塗らなくてもシミはできない。


全てはエネルギーがないと何もできない。

今できること


・油をやめる→加工品をやめようという気持ち

・糖をとる


自分で作れない油は使わない。(炒め物)

自然なものをとる。

豆も美味しいと思って食べる程度にする。
(本当は絶対食べて欲しくないくらい)

昔からあるタンパク源、という発想を手放す。

健康に良いと思ってせっせと取らない。

豆乳をガバガバは飲まない。


コーヒーの話


コーヒーの話。

カフェインで目が覚める、のは違う。

カフェインによって出てきたアドレナリンのおかげで

糖や脂質が出てきてエネルギーを作るから元気になる。

コーヒーだけ飲んでも元気は出ない。

疲れるだけ。

コーヒーには甘いものを一緒にとることが大事、

ということ。

結局体を壊していく。


還元水の話


還元水の話。

酸化が悪い、と言っているのと同じで

還元しすぎるのもよくない。

体の中は常に酸化と還元がバトンタッチしながら動いている。

バランスが大事。

体は酸化でできているので、酸化が悪いという

刷り込みを手放すことが大切。

皮膚は弱酸性。酸度があることで体は守られている。

体の中で電子が動くにも酸度が必要。

還元にいきすぎる場所は動きが鈍い、と知っておく。

そのまま固まって、炎症は起きにくいかもしれないが

新しい組織の入れ替え、

細胞の置換が起きない、ということにつながる。

オメガ3、ステロイド、還元水ともベクトル的には

電子の動きを止めてしまうもの。

いきすぎるとまずい。

炎症が起こっている時のちょっとした、還元や抑制は

効果がある。それが続くのはよくない。

自分はエネルギー量がたくさんあるから元気なのか、

押さえ込んでいて元気なのか、

まずは見極めることが大切。


ホルモンの話


女性ホルモンのお話。

生理不順、更年期の悩み。

コレステロールが変換してコレステロールになっている。

体は必要なものを必要な分だけ作られるようになっている。

だけど、今は身の回りに擬似ホルモン、環境ホルモンという形のものが

たくさん存在している。(プラスティック、調理器具、

日用品、その容器など)

なので、ホルモンが足りないということはない。

生理、排卵で使われていたエストロゲンは、生理が

終わると必要なくなり余ってしまう。→過剰になる

これが四十肩、五十肩、ぎっくり腰、リュウマチを

起こしたりする事実を知っておくべき。

体はもうエストロゲンはそんな必要ないんだ、と感じて

すこしずつ分泌を減らしていく。

エストロゲンが多い方が良い、ということは

まったくない。

「エストロゲン足りてますか?」というような

広告を見ると反応してしまうが企業の売り込みだけ

そこにのっからずに自分で判断することが必要。


体は完璧だから何もいらない


自分の体の声にしたがって自然にしていくことが

健康な体になっていく。

すべて機序、仕組みを知ることが解決につながる。




化粧品は塗れば塗るほど害になる。

Vanillaさんはダイビングに行く時さえ、シアバターと

ココナツオイルしか塗っていない。

すべてエネルギーを上げていくことが大切。





再度、今できること


炒め物、揚げ物をやめる

フルーツ、ドライフルーツ、蜂蜜をとってみる


これをやってみて3ヶ月様子を見る。

何かに気づくはず。

みんなで健康に近づきましょう!!




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*