ワクチンを考える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナワクチン接種がすすんでいます。
打つ、打たない、は個人の自由。
打たない人も打たないことを普通に口にできる
社会になってほしいです。


ワクチンを考える


ワクチンは有効である。

積極的に打ちましょう。

という情報は

どんどん入ってきます。

一方、不安があるけどどうなの?

といういわゆるリスクの正確な情報はなかなか

入ってきません。


コロナワクチンは今、治験中です。

参考になる動画がありました。








井上まゆみさん お話会が7月7日に開催されます。
         「ワクチンのおはなしと私たちの体の素晴らしさ


ワクチンを打つ、打たない。

ワクチンは良い、悪い。

そういうことではなく、自分のまた子どもの体に(血液に)入れるものは

きちんと知っておく必要があると思うのです。


食べ物は添加物を気にしたり、敏感になることがあります。

ワクチンは食べ物以上にダイレクトに血液内に入るのです。


何も知らずに周りが打つから打つ。

それだけは避けたいものです。


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*