ゲームを与える時期はいつ?【無理に与えなくて良い】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームを子どもに与えるのは
いつが良いのか。
我が家の経験も
お話しします。



我が家には高2娘、小5息子がいます。

我が家にゲームが(サンタクロースから)きたのは

息子が小4(10歳)の時です。


ゲームを与える時期はいつ?
【無理に与えなくて良い】


このお話はあくまで私個人の意見です。


このご時世で、そんな考え方は古い!と思われる方は
スルーしてください。

ただ、身近で少し話をして、価値観が似ているなと思う方は

私と同じような意見を持っていることが多いです。

周りに聞けない、同じような考えの方がいない、と

思っている方がいらしたら読んでいただきたいです。


✔︎ 小さいお子さんをもち
まだゲームを持たせていない方

✔︎ ゲームは持たせたくないけれど、
今の状況を見て、持たせようか迷っている方



そんな方に読んでいただきたい記事です。


ゲームを与えるのははいつ頃が良いのか?



悩んでいるのでしたら、答えはズバリ、

持たせなくて良いと思います!


小さいうちから持たせても上手に付き合えるよ、

という家庭もあるかと思いますが

私の周りを見ていると、

圧倒的に悩むママが多いです。


あえて親が買い与えなくても、

ある程度の年齢(高校生あるいは中学生くらい)になれば、

よほど欲しければ自分でお小遣いやお年玉をためて

買ってしまうでしょうし、スマホで無料ゲームもできてしまいます。


一生なしで過ごすのは不可能かもしれません。

でもある程度の年齢になれば、他の楽しいことを見つけ世界・視野は

確実に広がっているので、ゲーム中毒になる確率は

小さい頃に与えるより格段に下がると思います。


持たせたくない親の気持ちを押し殺して、幼い頃から

ゲーム漬けの生活にする必要はありません。


赤ちゃんのうちからスマホを見せることの弊害


マイナス面を考えてみます。


赤ちゃんのうち
年齢が低いうちからスマホやゲームを与えていると

・いつもなくてはならないものになってしまう。

・ちょっとした刺激では満足できなくなる。

・メリハリをつけることができない。
それがトラブルの元になる。家族関係を悪化させる。

・コミュニケーション不足になる。

・電磁波の心配


こういった悪影響があります。


メリットとデメリットを考える


何か悩んだ時、判断に迷った時、私は

メリットとデメリットを考え、比べて

メリットがデメリットを上回るようなら

そこから検討を始めます。


我が家の場合(高2娘)


我が家のお話をします。

夫も私もゲームをする習慣はなく過ごしてきました。

2人とも子どもの頃、やる機会はありましたが、他に

興味があり、ゲームに執着することはありませんでした。

子どもにもゲームを持たせたいと思っていませんでした。

持たせるつもりもなく、子育てをしてきました。

上の娘は少し欲しがった時期はありますが、その点で「ぶれない親」と

わかっていたのでしょう。あきらめて欲しがりませんでした。


今は高2、昨年サンタクロースから息子に来たスイッチで動物の森を

少しやりますが、あまりはまりませんでした。

その子にもよると思いますが、小さい頃からなじみが

ない場合、そこまではまらないように思います。



余談になりますが、娘は携帯でゲームを少しやっているようです。

「コーヤコード」とだけ聞いていましたが、今調べ初めて

「荒野行動」だと知りました(^_^;)

私としてはあまりやってほしくない内容です。


本人は、課金を一度もせず、ランクは結構良いんだよ、と自慢?

していますがよくわかりません・・

武器や衣装に課金して強くなっていくのが販売者の狙いですね。

親がいくら反対していても特にこれからの時代は

子ども自身が選んで可能になっていくので、小さい頃から

無理に与える必要はないと思います。


また、知らない人と一緒に対戦したりもするようですが、

心配ばかりしても仕方ない、と割り切っています。

それまでの親子関係の構築をきちんとするよう努力し、

あとは天に任せる?しかないと思っています。

昔には考えられない世界です。


こうなると本人に任せるしかないですね。


我が家の場合(小5 息子)


あきらめる娘とは違いました。

幼稚園の頃から毎年サンタクロースにゲームを

お願いしてきました。

でも残念ながら、叶わず・・

サンタクロース(夫)は、いろいろ考えクリスマスプレゼントを

選んできましたが1つとしてヒットしませんでした。

12/25の早朝に一番に起きてプレゼントを開ける。希望のものでない。

悲しそうな顔をする。親はつらい。これを繰り返しました。



息子にはお友達の話に入れない、ゲーム欲しい、

ことあるごとに頼まれました。

仲良しのお友達と3人で出かけると、

うちがゲームを持っていないのを知っていて、

2人とも持ってこないでくれたり、

1人が持ってきて、3人でそれを借りてやったりしていました。

借りてばかり。話に入れない息子。私はゆれました。

ゆれるたびに夫にもうそろそろどう?と

話を持ちかけました。

夫は断固として反対。(実際、水泳を週4日やっているので

ただでさえ忙しい。水泳もあまりに時間を取られるため、

週2に減らそうか?など息子に話しても息子は水泳だけは

やめられない、と言います。

それならゲームなんてやる時間ないよね、という結論に

至っていました。)


4年生になり、お友達との仲も深まり、

特定の子と遊びに行くようになり

ママたちにも話を聞き、私はいろいろ考え出しました。

そのママたちも考えながらルールを決めてやらせていました。

守れたり守れなかったり、と。

私はさきほど書いた、ゲームを持たせるメリットとデメリットを

しばらく考えました。

きちんと話して約束して、やらせたら、うまくいくのではないか、

持たせる方向で夫に話しました。

夫は断固として反対。おれは面倒見れない。


私が約束してきちんと守らせる、ということで


息子小5のクリスマスにとうとうサンタクロースから

スイッチが届きました。


ゲームが届いて年を越し、思いもよらぬ

自粛生活になりました。

タイミングが良かったというのでしょうか、

家での楽しみを探す中で、ゲームがとても役立ちました。


家族のコミュニケーションの1つにもなりました。

会えないお友達とのコミュニケーションにもなりました。



今は、平日はやらない。

土日にするべきことが終わったら、1〜2時間やる。

ルールを決めてやっています。

息子は映画を観ることも大好きで、ゲームにはまるまでには

なりませんでした。


これがもっと幼い頃に与えていたら、確実にトラブルは多かっただろうな、と

思います。

高学年という自覚、勉強への自覚、やること・やりたいことへの自覚、

完璧は難しいですが、限られた時間の中で、先を読める年齢に

なっているからこそ、話し聞かせてルールを守れるのかな、と

思います。



幼い頃の対応


ある日、公園で、自転車の後ろに子どもをのせているパパが

いました。その子は後ろでスマホで動画を見ていました。

せっかく公園に親子で来ているのです。

関係のない私が切ない気持ちになりました。

もしかしたらその1回だけだったかもしれないですが、

季節を感じながらお話をして欲しいです。



電車で赤ちゃんに動画を見せている光景をよく目にします。

絵本を読ませたり、外の風景を一緒に見た方がいいのにな、

そう思ってしまいます。

いろいろな状況があると思います。

でも現代、当たり前になってきている楽な方向に

どんどん流されず、今の我が子にとって良い道を

1つ1つ選んで行って欲しいです。

小学校受験をお考えでしたら、受験が終わるまで

ゲームは家に取り込まない方が、受験がスムーズに

いくと思います。


ゲームに関して

小さい頃に1つ1つ親が考えて選んできたならばその道は、

そうそう違うことはないと思います。

少なくともゲーム漬けになり、それを悩むようなことには

ならないと思います。

世の中の流れに沿ってなんとなく、

子供が欲しがるから、

そんな安易な気持ちで与えてしまうと、弊害が起きます。


親がぶれない気持ちをもち、しっかり考え対応していくことが

自立した子どもの成長につながるのだと思います。

便利な物、娯楽、情報があふれる現代。

流されて生きるのは危ないと思います。




関連記事です。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*