子育てで大切にしている5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子育てには悩みや迷いがつきものです。
また、どの家庭でもそれぞれ教育方針や
大切にしたいことがあると思います。

私が子育てで大切にしていることを
まとめます。



我が家の子育ての方針は
「自分で考えて行動できるような人になってほしい」


です。
そこを軸に日々の生活を送っています。
完璧にできているかと言えば、そうではありませんがこのような理想をもって子どもと接しています。


子育てで大切にしている5つのこと


1:存在自体をほめる
2:結果を教えない
3:与えすぎない
4:得意なことを見つけてあげる
5:いざというときには出ていく


1:存在自体をほめる


とにかく
・ここにいること
・存在すること

これ自体がすごいこと、お父さん・お母さんにとってあなた、きみはかけがえのないものなんだよ、ということを言い続けています。


2:結果を教えない


問題が起こったときにできるだけヒントやきっかけだけを教え、自分で考えさせ行動させるようにしています。


3:与えすぎない


欲しいからと言ってすぐに買い与えることをしません。きっかけはものを増やしたくない、夫も私もキャラクターがあまり好きではない、というところからでしたが子育てをしていく中で、この考えは間違っていないと感じるようになりました。
子どもたちはそう簡単に買ってもらえる家庭ではないことに気づき、欲しいものの優先順位を考え、心から欲しいものを決めていけるようになっています。


4:得意なことを見つけてあげる


自分の得意なことがあるとそれが自信につながります。
子どもの成長の源は「自信」です。

できること、得意なことをできるだけたくさん見つけてほめるようにしています。
何か、嫌なこと、つらいことがあっても、自分にはこれがある、という支えになってくれるはずです。


5:いざというときには出ていく


下の子も小学校高学年になっていますので、親には見えない学校やお稽古内でのこと、友達関係のことは普段は本人にすべて任せています。2人とも自ら事細かに話をしてくるタイプではないのですが、いざというとき(けんかや困ったとき)には親が出ていくスタンスを持っている、ということを伝えています。

日常では、よほど嬉しいとき、びっくりしたとき、悲しかったとき、など話したいことは自分から話してくるのでそれを聞いています。




この5つの他に私自身が心がけていることをまとめます。


私自身が心がけていること


<自ら勉強し続ける>


「人は生涯勉強し続けて常に自分なりの成長をするべき」と思っています。
確実に自分の人生を豊かにできますし、この背中を見せていきたいと思っています。


<お金のこと、心のことを伝えたい>


学校や他から学べない
・お金のこと
・心のこと

この2つは伝えられることは伝えていきたいと思っています。
私自身が教えてもらってこなかったことでもあります。

お金のことは今になって勉強していますが、子どもの頃から知っておくべきことですし、知っておくことで確実に生活や人生が豊かになります。

また、心のことも学校では直接は教えてくれません。教えられない、というのが正しいかもしれません。
個々それぞれですし、複雑ですから。

子どもたち自身が自分の心の変化、感情の表し方など、「自分の心と向き合う」ということを理解していけるよう接していきたいと考えています。
人の心にも目を向け、考えてあげられる人になってほしい。
そう願っています。



私自身、いろいろな方の経験や本、お話から参考にできることを探し続けています。
私の大切にしていることの中に
1つでも参考になることがあれば嬉しいです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*