女性の冷えとウィルス対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これから冷えが気になる
季節になります。
女性の冷えとウィルス対策を
まとめます。



冷えが女性に多いというのは皆さん、

ご存知ですよね。

それは、なぜか。



これは脂肪に問題があります。

私たちの体の筋肉と脂肪の性質を比べてみると、

脂肪には熱を通しにくい性質があります。

一方、筋肉は熱を通しやすく体の熱生産の約3割を

しめています。自分の体温をつくっている30%は

筋肉の仕事なのです。



冷えが万病の元、と言われるのには多くの裏付けと

実証があるのですが、難しくなっていくので、とりあえず

筋肉のある体を目指す!

そこが目標となります。





女性の冷えとウィルス対策


人には基礎代謝というものがあります。

普通の方で30kcal×体重です。

これは25歳を過ぎると下がっていきます。

なので、食べていないのに太る、

これは年齢が上がると自然の仕組みとなります。


これを防ぐには、

食べる量を減らすか、

代謝量を上げる

どちらかが必要です。

ただやせているだけでは、歳を取ると見かけが貧相な

だけになってしまいます。

見た目の引き締まりがほしいですよね。


女性の冷え


<筋肉をつけるための簡単な運動>


有酸素運動を20分以上、それを週3〜5回すると、


脂肪が燃焼します。でもこれは結構大変です。 


まずは日常生活で


姿勢を正しく保つ


これだけでも基礎代謝が大きく上がります。


また、体幹と大腿の筋肉をつけることが、

さきほどの有酸素運動と同じくらいの効果を出して

くれます。


手っ取り早いのは「つま先立ち体操」です。

かかとをあげて、つま先立ちになり5秒静止。

かかとを下げてまたあげて。これを理想は3分。

深呼吸を意識しながらかかとをあげるときに

息を大きく吸いながら行い、下げる時に

ゆっくり吐きながら行う。

気づいた時にこれをするだけで、全身運動になります。




また、私が実行していること。


外出時のトイレで、和式を見つけたら「ラッキー!」と

思ってぜひそこを選ぶことです(^○^)

和式はみなさん避けるようで、空いていることも

多いんですよね。

ももの運動になります^ ^



<体を暖める精油>


・ジンジャー


・ブラックペッパー

・ローズマリー

・マジョラム

この辺りの精油が体を温める作用がありますので

マッサージ用のオイルと混ぜて、寝る前などに

体に擦り込んであげる、または足裏にぬると

暖まりやすくなります。



精油は粒子が小さいので、血管から直接血液の中に浸透され

全身にまわるので、効果を得やすいといわれています。


食べ物も、野菜は根菜のものを中心に、生姜を入れた

スープにしてとるなど、極力温かい形でとるように

するのが望ましいです。



人参は中国では

・内臓を温める、
・血を補う、
・胃を丈夫にする


という作用があると言われています。

今は寒いので、気がすすみませんが、

人参リンゴジュースは癌予防にも効果があります。

(癌は冷えとも密接な関係があります。)



寒いと体も脂肪を溜め込もうとするので、食べ過ぎに

気をつけて、適度な運動もしましょう!


ウィルス対策


この季節のウィルス対策もご紹介します。

乾燥していますので、ウィルスに効果のある精油入りスプレーを

ひんぱんにシュッシュするのが予防としてとても

効果があります。

ウィルスに効果のある精油はこちら。


・ラヴインツァラ

・ローズウッド

・ティー・トゥリー

・ラベンダー

など。



100mlのスプレーボトルに、


・無水エタノール20〜30ml

・精油を60適くらい好みで


あとはお水でいっぱいにします。


1〜2時間おきにお部屋にスプレーしてください。


良い香りの中で全身消毒の効果があります^_^




できるだけ多くの工夫を知っていれば

気持ちも少し楽になれます。

ストレスをためないことも免疫力アップに

大きな影響を与えます。


心配ではありますが

対策できることを最大限して、

心も体も前向きに、

冬を乗り切りましょう!




薬のとりすぎも、冷えの原因となります。

薬で炎症をおさえてしまうことで、自然治癒力が働かなくなり、

代謝が落ちます。

関連記事です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*