腰痛軽減にはテニスボールでほぐすのがおすすめです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腰痛予防のために毎朝 日課にしていることが
あります。
その中でも私が一番効果を感じる「ほぐし」を
ご紹介します。

腰痛予防方法をお探しの方の参考になれば嬉しいです。



腰痛が起こる原因は医学的に診断できないものも多く、上手に付き合っていくことが大切です。

脳との関係も密接で、「腰が痛い」と意識すればするほど症状は改善しません。

気持ちを前向きに持てるよう体全体の筋肉をほぐすことで、気持ちも体もリラックスさせ、予防することを目指します。


腰痛軽減にはテニスボールでほぐすのがおすすめです



テニスボールをイラストにあるグレー丸あたりに置き、横になります。

体の重みでボールがツボをおしてくれるような感覚になります。

静止しても良いですし、ボールを少しずらすような感覚で体を前後左右に動かしても良いです。
時間は一箇所30秒から60秒。

左右どちらもやります。

左脇に体の外に出ているグレー丸は
体の横にボールを置き、それに乗っかるようにして横向きになり、体の横の筋肉をほぐします。

腰のあたりもまんべんなくボールを転がします。

うつぶせになり、前もも付け根あたりにボールをおきほぐす。
下っ腹あたりにボールをおきほぐす。

肩こり解消には、腕の付け根あたりにボールをおきほぐす。

激痛を感じる箇所を避け、痛気持ち良い感覚の場所をゆっくりほぐします。
起き上がったときには体が軽く感じます。

私は朝、起き抜けにやっていますが、ほぐし終わったときには脳もシャキッと目覚めた感覚があります。




私自身、腰痛軽減のためのぶらさがり、ほぐしをすることで明らかに朝起きたときの感覚が違うことを実感しています。

これから寒くなってくると体が縮こまり腰痛も気になる日が増えてくることでしょう。
からだをほぐすと体温も上がり、一石二鳥です。
参考にしていただけたら嬉しいです。

関連記事:「腰痛軽減のために私がやっている5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*