腰痛軽減のために私がやっている5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、sanaです。
私は腰痛持ちです。
出産後の骨盤矯正を意識して
やらなかったことが原因かな、と
考えています。





冬や季節の変わり目などはとくによくありません。


それでもできるだけ快適にすごしたいものです。
うまく付き合っていける方法を日々試行錯誤しています。

今はだいぶ落ち着き、いつぎくっとなるか?

という不安はほとんどなくなりました。

今現在、これは良いなと感じる5つのことを紹介します。



[腰痛とうまく付き合うための5つのこと]


1 ぶら下がる
2 ウォーキング
3 ストレッチ
4 ほぐし
5 筋トレ


これを続けていて私の生活はかなり豊かさを保てていると思います。
こうして5つ並べるといろいろやっているな、と感じますが、それぞれは単純なことを短時間でやっているだけで、ウォーキング以外のものは慣れれば30分くらいで終わります。
1つずつ説明します。




1 ぶら下がり






整形外科のリハビリに行くと腰にベルトをつけて、引っ張ってくれる器具があり、それをやると私は非常に調子が良くなっていました。
ゆがんだ骨を矯正するイメージです。
整形外科にあるリハビリや整骨院に通ったりもしましたが、忙しい生活の中、自分のために時間をつくるのはかなり難しく、日々の生活で楽に取り入れられることを考えていました。
それと同じ原理でたどりついたのがぶら下がり健康器です。
同じ時期に、人間ドックの検査で「少し背骨が歪んでいますね。」と指摘され
そこが改善されるかはわかりませんがこのぶら下がり健康器を思い切って購入しました。

広くはない我が家のどこに置くんだ?とはじめは考えもしていませんでしたが、
今ではなくてはならない存在になりました。

できるだけ朝晩、1分ずつぶら下がっています。
日頃重力で腰にかけている負担をのばしてくれる感じ。
痛気持ち良く、確実に腰痛軽減になっていることを実感しています。

私は調べた中で一番シンプルで安いもの、邪魔にならないものを選びましたが、これが大正解!
今では、家族も愛用しており最近の大きな買い物では一番良い買い物だった!
というくらい買って良かった、と思うものです。

家族も皆、ぶら下がっています。





2 ウォーキング

毎日、近くの公園で30〜40分ウォーキングをしています。
腰痛予防はもちろん、体力維持、骨の強化、気分転換に最適ですし、季節も感じられます。
肋骨呼吸と膣締めも意識すると姿勢もよくなり◎。
無料で長続きする、最高の運動です♡
40分くらい歩くと7〜8000歩くらいになります。

ここでこれだけかせぐと、あとは日中普通に過ごせば夜には大体1万歩になります。

関連記事:「ウォーキングをおすすめする3つの理由」はこちら





3 ストレッチ

ある日のテレビ番組(確か「スッキリ」でした。)にゲスト出演された、石原さんという方が紹介していたゼロトレという独自のストレッチ方法を1年以上続けています。
道具は家にある本を積み重ねてそこにくるくるっとしたバスタオルをのせるだけで完成。

こんな感じです

背骨がのばされ、とても気持ち良いです。






4 ほぐし



「ユミコアボディ」の名で有名になった村田さんをご存知でしょうか。
彼女の推奨する、肋骨呼吸、膣締め、ほぐし、筋トレがかなり効果があると思い、とりあえず、テニスボールを使ってのほぐしを日課にしています。
筋トレだけではだめ。まず体を柔らかくしてから鍛える!
骨盤矯正、腰痛改善につながります。

関連記事:「腰痛軽減 テニスボールでほぐすのがおすすめ






5 筋トレ



歳を重ねると下半身の衰えが気になってきます。
特にももの衰えは厳禁。骨折予防にも筋トレは必須です。
ほぐしと筋トレの両方が必要です。
腰痛の人用の軽い腹筋、スクワットを欠かさないようにしています。





日々の生活をより豊かにするために、いろいろ楽しみながら取り入れています。
何より健康でなければ、すべては始まらない。

何かだるいな、と思った朝も、とりあえずぶら下がってほぐせば、頭がすっきりし、シャキッとした気持ちになれます。


寝具に関してはムアツふとんが手放せません


同じような悩みをお持ちの方の参考になると嬉しいです。


関連記事です。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*