望診法を学ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私がこれから勉強しようと思っている
「望診法」についてお話しします。


望診法を学ぶ


「望診法」

ご存知ですか?

望診法とは、東洋医学の四診の1つで、

体の表面に現れる肌トラブル等から、内臓のどこが

どんな食事のとりすぎで弱っているのか、を

読み解くものです。





ちなみに東洋医学の四診とは、
【望診】
視覚を用いた診察(顔色、皮膚の色の他、舌の様子を見る舌診も含まれます)。
【聞診】
聴覚と嗅覚を用いた診察(声の大きさ、においをもとに診察します)。
【問診】
現病歴や既往歴だけでなく、患者の体質傾向(寒がり・暑がりなども)を聞き出すための質問をします。
【切診】
触覚を用いた診察。脈やお腹に触れ抵抗感や圧痛の有無などで判断します。

です。






体は自分が選択し、食べたものでできています。

また、体はなんとなくだるい、疲れが取れない、肩こり、腰痛など、

ちょっとした不調として肌にサインを出します。

望診ができれば、肌の不調も体内からのサインととらえることができ、

食べすぎている食材を減らしたり、生活習慣を変えることで

病院や薬のお世話にならずに症状を改善したり、

不調を軽くこともなくすことも可能です。


こういった肌に出た自分の体内からのサインを

化粧品で隠したり、薬でおさえこんでも、のちのち

さらに悩むことになりかねません。



幸せの9割は体調から来る、と言われるように体の一部にちょっとした

不調があるだけで、幸せ度はガクンと下がります。




望診ができれば自分や家族の健康状態を日常的に、よりくわしく

チェックできるかな、と思いました。




鈴木ゆかり先生の講座を受けます。

先日、ゆかり先生のエレメントマトリックス講座を受けましたが

とても丁寧でわかりやすい講義でした。

これから受けるゆかり先生の講座の案内「こんな方におすすめ」

というところの7つもの項目に私の望みがありました。


★自分や家族がアレルギー体質なので子どもには

そうなってほしくないと思っている

★なるべく食事でセルフケアしたいと思っている

★どうしてアレルギーの症状が出るのかを知りたいと思っている

★自然療法に興味がある

★病院に行くのが苦手だ

★食事と健康に対する関心が高い

★本当の意味で内側から輝く美肌になりたい!


セミナーでは陰陽五行による食養生や気血水なども

勉強します。

食べ物の栄養やざっくりとした食事バランスについては

勉強してきたつもりですが、食べ物の性質を把握することで

体にとってベストな季節ごとの調理方法や食べ方を知ることが

できます。







ゆかり先生は

「一家に1人、望診家を!」を掲げられています。

また、ご自身がアトピーを克服されています。
(こちらでご紹介されている有馬陽子先生の講座は
昔のものです。今は別の講座がたくさんあります。)




何に対してもあてはまると思うのですが心がもやもやするのは、

わからないから、という理由が多いのでは

ないかと思います。

疑問を1つずつ解決して、今できることを少しずつ試していく。

違ったら見直して別の角度から試してみる。

ゆっくりでも前進しながら、心を晴れやかにして行けたら嬉しいですよね。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*