[自然治癒力①] 薬に頼らない子育て

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

できるだけ薬に頼らない生活を
したいと思っています。
理由は
「余計なものを体に入れたくないから。」



食べ物で着色料や添加物を
できるだけとりたくない、
という思いともつながります。

こう考え出したのははいつからか。

子どもを育て始めた頃は、違いました。
我が子が少しせきをすると
ひどくならないうちに、と
病院で処方していただき、
薬を飲ませていました。

予防接種も計画を立てて、すべて
受けました。

夜は特にせきがひどくなりがち。
夜中、ひどくなったらどうしよう、
私自身の不安を解消するために
薬を飲ませ、対策していた気がします。

ある日、病院に行くと、
喘息の傾向がありますね、と指摘され
予防のための薬を毎日飲ませることに
なりました。

何もわからない新米ママ(私)は先生の指導を
きっちり守り、せっせと薬を飲ませました。
薬は私のお守りのようでした。

喘息がひどくならないのは薬のおかげ。
そう思い込み、私自身が安心感をもらっていました。

でもふと、
「何も症状がない小さな我が子に毎日薬を飲ませること」
に疑問を感じ始め、

いろいろ調べていくうちに、

「自然治癒力」

という言葉と出会い、私の考えは
大きく変わっていきました。






関連記事です。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*