メダカ⑤ エビの家族 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりにメダカのお話です。
正確にはメダカと一緒に暮らしている
エビ(ミナミヌマエビ)のお話です。
家族ができました!



メダカ⑤エビの家族 肋骨締め経過


前回メダカのことを書いたのが7月後半なのですが、
あれからしばらく2匹のメダカと数匹のエビの生活が続いていました。



そこから原因不明でエビが少しづつ減りました。
動かなくなったエビは数日するとメダカのえさになり姿を消す。


これを何回かくりかえしました。


エビは小さく、透明に近いので把握しにくく、動き回るので
数の確認は困難でした・・


ある日よく見ると、エビは2匹になってしまいました。
メダカ2匹、エビ2匹の生活がしばらく続きました。


10月初めの頃でしょうか。
よくみると、1匹のエビの透明のお腹がふくらんで、中に
緑色っぽい小さな粒がたくさん見えました。


もしや・・
2匹しかいないエビでしたがちょうど、メスとオスで
卵ができたようでした。


卵がかえったらメダカに食べられてしまうんじゃないか、と
家族でさんざん話しましたが、結局何もせずそのままにしました。


私は気になり、数日張り付いて見ていましたが、何も起こらないので
また放置してしまいました。








それからある日見てみると、2匹とも、もとのエビの状態で
泳いでいました。


やはり出産してみんなメダカに食べられちゃったんだね、
と話していました。




ところが、
11月に入ったある日、(目の良い)息子が
「エビの赤ちゃん3匹発見!」
と叫びました。


感動しました!ち〜〜〜いさいのにエビの形しているんです。
(当たり前ですが。)


3匹だけでも食べられずに無事成長してる!
とっても嬉しい気持ちになりました。


話はまだ続きます。


翌日、夫が
「エビ、6匹確認しました。」と。
え〜〜〜、また感動。

その翌日、よく見える老眼鏡をかけて数えてみると7匹以上??


そして今朝、水槽を眺めると、メガネなしでたくさんのエビを
確認できたのです。
たくさんのエビがあっちへ、こっちへ、跳び泳いでいます。


あまりの感激に再び老眼鏡をかけ、真剣に観察しました。


数日前のエビは確実に大きくなり、さらに小さい産まれたてらしき
小さなエビたち。


動きがものすごいので、数えられませんが、10匹以上いる様子です。

びっくり、感動です。

水槽の前に座って、眺めていると、あっという間に時間が経ちます。


急に賑やかになった我が家の水槽、購入したてのときのように
また眺める時間が増えそうです。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*