自分と向きあって気づいた手の痛み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


自分と向き合う、と決めてから
様々な気づきや発見があります。
今回は毎日フル活動させている
手に関する気づきのお話です。


自分と向き合って気づいた手の痛み


私って今、痛みや気になるところってあるかな。

そう問いかけてみると。

いくつか気になる箇所があり、書き出してみました。

中でもちょっとした痛みを感じたのは右親指付け根あたりでした。



実は以前、スマホ操作をしていて違和感を感じたことが

ありました。

少し意識して動かすようにすると気にならなくなりました。

その頃は、不自由なければそれ以上原因を探ることも

なく、過ごしてしまっていました。


それからは、忙しくしていると、

とくに気にならない程度でしたが

ふと、自分を見つめてみたら再び違和感を感じました。


両手を比べると、右手のその部分が少しはれています。


静かに触ってみると小さなしこりのようなものがありました。

血流が滞っているのかな、と思いました。

左手の親指全体で右手のその部分をゆっくりさすりました。


何度かさすると小さなしこりはなくなりました。

次の日もおなじようにさすりました。

また、購入したばかりのカッサで優しく撫でるように

かっさしていきました。


数日すると、違和感も痛みもなくなりました。

 



スマホ操作をするときに親指に注目してみると、

とても力が入っていることに気づきました。

それからはスマホやパソコン操作の際、

意識して親指を曲げておくようにしています。

また、人差し指ではなく、中指や薬指で操作するのも

手全体に入る力の具合が変わるので良さそうです。



時間のある時は、左手でスマホ操作をしたりも

しています。

手や指もバランスよく動かせると負担が分散されますね。


ウォーキングやお風呂、気づいた時に手を揉んだり、

マッサージしたりするようにしています。





また、毎朝ウォーキングをしていますが、その途中

イヤホンをはずして、深呼吸に意識を集中し

自分に向き合う時間を持つようになりました。


いつもの呼吸は鼻から吸って鼻から吐いています。

これを鼻からゆっくり最大限に吸い、口から細く少しづつ

吐ききります。

頭のてっぺん、手の指先、足の指先を意識して、

隅々まで酸素が行き届きますように、と願いながら

深呼吸をします。

自分に意識を集中すると、隅々まで酸素が行き渡っているのを

なんとなくですが、感じることができます。


自分を大切にすることって楽しいな、とあらためて

感じました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*