すべてはバランスが大切

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いろいろと勉強していると
結論、何事もバランスが大切だなと
あらためて感じています。
覚書の意味も込め、まとめます。


すべてはバランスが大切


電子のおはなし


先日受けたエレメントマトリックス講座の中で、

「電子」という言葉が出てきました。


私たちをとりまくもの、太陽、星、地球、海、土、岩、動物、

植物などすべての物質はすべて常に、電子の働きによって

マイナスイオンとプラスイオンが

酸化還元の法則をくりかえしています。


この電子の安定した働きが世界全体に大きく

影響しています。


エレメントマトリックスでも火・土・水・風それぞれに

電子に対する性質があり、自分がどのような性質で

あるのかを知ることもできます。




空気の良いところ、森林や滝壺には

マイナスイオンが多く存在し、

ビル街や、車の交通の激しい場所には

プラスイオンが多く存在しています。

植物は人と同じように酸素を吸って二酸化炭素を出すことも

していますが、日の光があると、それ以上に光合成を行い

空気中の炭酸ガスを吸って、酸素を出します。


そのため森や林では気持ちが爽快になるのです。

マイナスイオン効果です。


自然界をとりまく大気と大地の間には

極めて微弱ですが「電気伝導性」をもっています。


これは大気と大地の間に「電場」がつくられ、その電場でイオンが

活動できることを意味しています。


一般に大地にはマイナス、大気の上層部にプラスが

帯電しています。


私たちの体の大部分は水で構成されており、各種のイオンが

溶存しているため人体は電気の良導体なのです。

したがって、天気が良く大気上層部が陽(プラス)に

帯電していると大地の間に電位差が生じ、

その電位差によって私たちの体に常に電流が流れ

外部と接する部位(皮膚、呼吸器、消化器など)から

放電され、陽の帯電部位に流れて中和され消滅することになります。

これが自然界における正常な大気と大地、そして生物界の

「電子の流れ」なのです。


天気の悪い日、台風が近づいてきたときなど

人はいらいらしたり、気持ちが落ちたりします。

これは悪天候のため、大気に陰(マイナス)の帯電体が

多くなり、電子の流れがストップすることによる

場合もあるのではないかと考えられています。




丸子電気株式会社HPよりおかりしました。(図、一部文)



電子の流れを遮断される原因は、こうした自然の中で

起こるもの以外にもあります。

人々の暮らしを便利で豊かにしていけばいくほど

影響が大きくなります。道路やコンクリートの建物、

化学物質や化学繊維でつくられた衣服や履き物などは

天・地・人の電子・イオンの流れをストップさせる要因となっています。

こういったことも頭に置き、どんな暮らしを豊かと

感じるか、どう生きていけば良いかをバランスを考えながら

過ごしていくことが必要だなと感じています。


なんでも1つに決めず3つくらいをローテーションで


世の中にはこれが絶対に正しい、というものは

ない、と考えていた方が良いかなと思います。

もちろん、何を選ぶにも自分で選択して自分にとって

最善のものを選ぶべきことに違いはありませんが、

どれも1つを使い続けないことが大切かなと思います。

食べ物にしても、肌に塗るものにしても。



「1つのものを盲信することの危険性」



わたしにはこれがあっているから、一生これ。

ではなく、お気に入りを3つくらいもち、

それをローテーションしながら取り続ける。


何事もバランスよく、偏らず。




バランスの取れた生活が理想です。


 

バランスのとれた環境でバランス良い考え方で

バランス良い生き方ができるとストレスが最小限に

なるのかな、と思います。理想です。


理想ではなく、現実にするためにできることを

したいですよね。

これは役立ちそうだな、と思うこと

私の中での発見、お伝えしたいこと、

これから発信していきます^_^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*